きよさんのひざ痛事情④戻る日常。そして痛みは忘却の彼方に・・・

こんにちは、整体師のきよさんです。とうとうひざ痛事情も最終回を迎えました。あぐらを控えてコツコツストレッチを行った結果、きよさんのひざはどうなったでしょうか・・・。

今回の漫画は・・・ちょっとズルして楽させてもらいました!

きよさんのひざ痛事情④

   

きよさんのひざ痛事情④

  

きよさんのひざ痛事情④

   

きよさんのひざ痛事情④

うつを経験したときに知ったのですが、「このままじゃいけない」「変わりたい」と思っているのに現状にもしがみついてしまうひと、結構いるようです。”変わること”をかたくなに拒むのは、一方でそこに居心地の良さを感じているから。
例えば腰痛持ちさんは、”腰痛持ち”というアイデンティティにより、重いものを持たなくて済むとか、ひざ痛持ちさんはそれにより苦手な家事をおろそかにできる、とか。
もちろん病気的な原因でどうにかしたいのにどうにもできない人もいます。でも特に何か診断が出ているわけでもなく、筋肉の短縮による痛みが原因の場合、そしてその痛みを何とかしたいのなら、やはり生活習慣を変えてある程度のストレッチをする必要があるときよさんは思います。

そしてストレッチ・・・。
人って、気になる痛みがあるときはストレッチしますよね。でも気にならなくなったらパタッとしなくなる・・。きよさんは典型的なそのタイプです。
でもあくまで個人的意見ですが、それでもいいと私は思います。
なぜなら、一度ストレッチで痛みが軽くなったことを経験していると、次にまた症状が出ても自分で対処できるからです。そしてそれを繰り返していくうちに、ストレッチが自分にとって有益であることが体にしみこみ、いつしか習慣になる・・・・のではないかと・・・思うのですが・・・・。

ということで、4回にわたってお伝えしたきよさんのひざ痛事情はこれにて終了です。またひざ痛が出た時には続編を書きますね。

どうか皆さんのひざ痛が軽くなりますように・・★

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です