熱と頭痛と首のおはなし

こんにちは、整体師のきよさんです。先日風邪をひきました。
私自身は風邪としか思えなかったのですが、内科の先生の所見は違うようで…。

熱と頭痛と首のお話。首こりから発熱はするのか?
熱と頭痛と首のお話。首こりから発熱はするのか?
熱と頭痛と首のお話。首こりから発熱はするのか?


内科の先生が診察で首をグキッとするのは一般的なことなのでしょうか。少なくともきよさんは人生初めてのことだったので、やられた瞬間に思考がフリーズしてしまいました。そして整体の知識があるところに「首が悪い」「整形行って」と言われてしまったから、若干の不信感が生まれてしまったのも事実です(~_~;)

痛みの原因は筋肉の酸欠

基本に立ち返りますと、私の学んだ手力整体塾では”痛み”というのは筋肉の血行不良が原因であると考えています。首肩の筋肉が固くなり筋ポンプが弱くなるため、その周辺の血行が悪くなり、そこに痛み物質が発生し受容器が受診して脳に伝達する。
私が感じた症状のうち、頭痛だけを見れば首肩の筋肉の凝り張りが原因であるというのはわかります。なので、頭痛だけならきよさんは内科には行きません。頭痛薬常備しているもの。
さらに言うと、自分の首肩が硬いことは自覚しているので、違和感を感じたらすぐにストレッチしてます。

だけど今回は発熱があったから内科に行ったのよ~~~(←声を大にして言いたい)。

お客様の訴えに共感しよう

折しも先日、6月から通っていたカウンセリングセミナーが修了いたしました。このセミナーでは、とにかくクライエントとの信頼関係を築くことが大切であるということを学びました。そしてそのためには、とにかく共感することが第一歩であると、何度も話に出てきました。
例えばチョコレートを食べて酸っぱいと言うクライエントがいたとします。「それはないでしょ」と自分が思ったとしても、クライエントは酸っぱいと感じているその事実があるのです。それを受け止めてあげなくては信頼関係は築けないのです。

さて、今回の熱と頭痛と首のお話できよさんが感じたもやもや。このブログを書きながら「自分の症状を先生が受け止めてくれなかった」ということが原因ではないかと気づきました。自分の訴えが見事にスルーされると、こういう気持ちになるんだな、と、改めて知ることができたので結果オーライとしましょう・・。


私もお客様の気持ちをスルーしないよう、気を付けます。いい勉強になりました。



最後に・・・頭痛が原因で発熱する、という因果関係はあるのでしょうか。ちょっと調べてみます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です