交感神経と副交感神経(やつとたたかうためには!)

こんにちは、整体師のきよさんです。
現代人はストレス過多で自律神経のバランスが乱れている・・・とよく聞きますが、自律神経がどうなった状態がバランスが乱れている状態か、ご存じでしょうか。

不眠で悩んでいた時、○○すればバランスが整う、△△を飲むと副交感神経が優位に立つ、などなどいろいろ試しましたが、効果はよくわからず。きよさんは頭でっかちなので「自律神経というのはどういうもので、その中のあれとこれがどういう状況になったら”バランスが崩れている”ってことなので、これをきちんとした状態に戻すには、こういう運動やこういう食べ物がいいのだ。なぜならばこれらにはこういう効果があるからである」と、いったん理詰めで枠を理解しないと腑に落ちないのです。そして腑に落ちないうちは何をしても効果がない・・・。とってもめんどくさい性格です。

そしてようやくカウンセリングセミナーに行ったり書籍を読んだりして、素人レベルでは理解できました(と思う)。さらにそれを一瞬にして腑に落とすことができる事件が起こったのです!


交感神経と副交感神経

自律神経01

  

自律神経02

  

自律神経03
自律神経04

  

あんなに明確な副交感神経優位状態から交感神経への切り替えは、めったにありません。その後数時間眠ることができず、眠れても浅い眠り。次の日は本当に体がきつかったです。
今回はヤツの出現による想定外の出来事でした。しかしこの事件と同じくらいのストレスを、日常のちょっとした行動が引き起こしていて、さらにそれが慢性的に起こっているとしたら・・・。体へのストレスは計り知れません。

ここ数年頻繁に話題に上がる寝る前のスマホやPCのブルーライトですが、たった一日だけだったら体に沿う負担はないのでしょう。だから私たちは寝スマホをしてしまう。その負担は次の日の休息で回復してしまう程度だから。でも次の日も寝スマホをして十分な休息ができなかったら。その次の日も次の日も次の日も・・・・・・・ひいいい!

だからこそ、規則正しい生活とか体にいい食事とか日常のリラックスなどが大切なんですね。

自分に合った方法を見つけましょう

でもこの「規則正しい」とか「体にいい」とかって、人それぞれのものです。例えば夜勤の人の規則正しい生活って、昼間に睡眠をとることですよね。なので俗にいう「日光を浴びて体内時計をリセット」したらダメなんです。夜に快適に活動するためにも、日中は日光をシャットダウンして、夜起きたら明るい光を浴びることが規則正しい生活。
暑さ寒さも人それぞれなので、20度が暑いと思うならクーラーつけて、寒いと思うなら布団を一枚増やしてください。

自律神経のバランスを乱す原因は人それぞれ。ですからどうぞ自分に合った方法で、交感神経と副交感神経にやさしくしてあげてください。いやいややっても逆効果ですよ。

とうとう7月。クーラー解禁です!



※※※※※※※※
うつを経験した整体師がこころと身体からアプローチ!
女性の体の不調を改善するお手伝いをします。
湘南藤沢のゆるっと整体院
整体院ねこのて
https://nekonoteseitai.com
MAIL:nknt-op@nekonoteseitai.com
※※※※※※※※

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です