腰痛のジレンマ~気持ちい良くてもそこは触ってはいけない筋域~

こんにちは、整体師のきよさんです。11月はいろいろイベントがあって忙しいです。とうとう今月下旬にはコミティア130。新刊も無事2冊用意できたので、胸を張って参加できます。また、きよさんは人生で初めて裸婦のデッサン会にも参加してきました。美術解剖学の視点から先生が解説してくださるイベントなので、とても興味深く、また勉強になりました。バイト先もなんだか忙しいし、11月って忙しい月なんですね。

さて、こう忙しいとおろそかにしてしまいがちなのが体のメンテナンスです。安易な方法に流れてしまうと、結果さらに自分の体を痛めてしまうかもしれません。

腰痛のジレンマ01

  

腰痛のジレンマ02

  

腰痛のジレンマ03

  

腰痛のジレンマ04

幸いにもきよさんは腰痛が重症化することは今までなかったのですが、つい先日、バイト終わりに左腰の張りを感じて思わず揉んでしまいました。「しまった!」とすぐに気づいてハムストのストレッチに切り替えたのですが、疲れで思考が止まっているときは要注意ですね。

ハムストリングスストレッチ

「腰回りの筋肉は背骨のS字カーブ(生理的弯曲)を守っている鎧である。」


先日久しぶりに手力整体塾に参加したとき、先生が言ったこの言葉。過去に何度も話題に出ていたと思うのですが、ここにきてようやく腑に落ちた感じです。今度お客様に、どうして腰をほぐしてくれないのか、と聞かれたらこのように答えるとわかりやすいなと思いました。

①二足歩行で生活する以上、腰のS字カーブを私たちは守っていかなくてはいけない。そのために背骨から腰回りの筋肉はある。
②筋肉をほぐすということは筋力を低下させることなので、この鎧を弱っちいものにしてしまう行為なのだ。
③そもそも腰回りの可動域は狭い。それを無理やり動かしているから痛みが生じる。
④腰を使わずに済むように周囲の関節をほぐしてあげるほうが、長期的に見て体にいい。

ということですね。


年末に向かって忙しさが続くと思います。また寒さも相まって筋肉には厳しい季節がやってきました。ゆっくりお風呂に入って、寝る前にストレッチして、筋肉の柔軟性をキープしてあげましょう。
と、自分に言い聞かせる毎日・・・。











※※※※※※※※ 
うつを経験した整体師がこころと身体からアプローチ!
女性の体の不調を改善するお手伝いをします。
湘南藤沢のゆるっと整体院
整体院ねこのて
https://nekonoteseitai.com
MAIL:nknt-op@nekonoteseitai.com 
※※※※※※※

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です