あなたの姿勢はどんな姿勢?無意識の癖に気づくことから凝り張り対策は始まります

こんにちは、整体師のきよさんです。最近また首が左に回りづらくなりました。これはベッドで寝ながらゲームする時間が増えたからなんですけどね……。

このように、身体のどこかが凝り張りで痛くなっても、その原因に心当たりがあればすぐに対応ができます。でも、普段自分がどんな姿勢でいるのか、はっきりと自覚している人は多くないのではないでしょうか。例えば歯を磨いているとき、重心はどちらの足に載せていますか?例えば食器を洗うとき、腰はかがめていますか、もしくは足を開いていますか?寝るときは横向きですか、仰向けですか、うつ伏せですか?

気づかないうちに取っている姿勢により、片方だけの筋肉が縮んで(もしくは伸ばされて)固くなっていく。そして、それこそが長年悩んでいる首肩凝りや腰痛の原因になっているかもしれません。

あなたの姿勢はどんな姿勢?無意識の癖に気づくことから凝り張り対策は始まります

癖01
癖02
癖03

気づくというのはとても大切

きよさんは身体を壊し整体を学ぶまで、自分の身体に無頓着でした。肩が凝っているのかも首が凝っているのかもよくわからず。頭痛や体がだるくても、何が原因かわからないので頭痛薬や風邪薬でごまかしていました。よくある肩凝りからの頭痛など、脳裏をよぎりもしませんでした。
ですが今は、冒頭お話したように、どこかの凝りや張りを感じたら「これはあれが原因かもしれない」と考えられるようになりました。原因に気づけば、あとは原因を取り除くようにすればいいわけです。

これは筋肉の凝り張りだけに当てはまることではないと思います。多分私たちは、日常で何かしらの”違和感”とか”もやもや”とかを感じています。そしてその原因が何かわからないから不安になるしイライラもしてくる。でもそこで「この違和感の原因はあれかも?」と気づくことができれば、対応方法を考えられますし、なによりスッキリしますよね。

気づくためには少し努力が必要

今まで気づかずに過ごしてきたことに気づくためには、最初は少し努力が必要です。今まで意識していなかったことに意識を向けるように、自分でコントロールしなければならないからです。自分の身体がどういう状況なのか、昨日と今日でどこが変わったのか変わっていないのか。体に不調が出た日の前に、どのような行動を取っていたか、など、気を向けなくてはいけません。

今まで自分の筋肉の状態に無頓着だった方は、毎日ストレッチをすることをお勧めします。ストレッチをルーティンにしますと、今日はふくらはぎが固いな、とか、今日は首が回りにくいな、と気づきやすいからです。

気づけば問題の半分は解決したといっても過言ではない

そして気づいてしまえば、対処法を考えることができます。ですから、問題の半分は解決したといっても過言ではないのです。しかも今の時代、解決法はネット上にたくさんアップされています。その中か、自分の体調ややる気に合ったものを選んで、後は行動するのみです。でも……自分一人じゃ続かないんだよね……。

そういうときは、ぜひ整体院にお越しくださいませ(^。^) 。お客様一人ひとりに合った施術と、効果的なストレッチをお勧めすることが可能ですよ。

※※※※※※※※

女性の体の不調を改善するお手伝いをします。
湘南藤沢のゆるっと整体院

整体院ねこのて
https://nekonoteseitai.com
MAIL:nknt-op@nekonoteseitai.com

※※※※※※※※

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です