動作別筋肉一覧を一つのページにまとめました!

こんにちは、整体師のきよさんです。
全国の猫好き見習い整体師の皆さん、お待たせいたしました。過去にねこのてブログに投稿した動作別筋肉一覧のイラストを、一つのページにまとめました!!


これはもともとはきよさんが通った手力整体塾で出た宿題でした。世の中の筋肉を解説している参考書は、「○○という筋肉の機能は××と△△である」と、筋肉ごとには載っていますが、動作(機能)ごとにまとまっているものは少ないのです。

整体の肝は伸びていない筋肉探し

ではこの一覧をどのように利用するかと言いますと、すばり「この姿勢がしづらいのは、どこの筋肉が上手に伸びていないからか?」を探すときに使います。
例えばいわゆる肩凝りさん。たいていの方は肩が前に(屈曲内転内旋)、肩甲骨は外側に来てしまっています(外転)。この肩と肩甲骨を正しい位置に戻してあげればいいのですが、気を抜くとすぐに肩が前に出てしまう。つまりこれは、肩を前に持ってくる筋肉が縮んで固くなっているからです。

ではその筋肉とは何でどの辺りなのか?

ここで動作別筋肉一覧を見ますと、上腕二頭筋・小胸筋・大円筋・広背筋などがでてきます。そしてこの場所が圧を入れるポイントになるのです。

慢性痛の出ているところをほぐしてもほぐれるのは一瞬だけだなー、と思っている方、ぜひその反対側にアプローチしてみてください。




※※※※※※※※
うつを経験した整体師がこころと身体からアプローチ。
湘南藤沢のゆるっと整体院

整体院ねこのて
https://nekonoteseitai.com
MAIL:nknt-op@nekonoteseitai.com
※※※※※※※※


Follow me!

動作別筋肉一覧を一つのページにまとめました!” に対して1件のコメントがあります。

  1. かとうみや より:

    キヨさんの絵に癒されながら、筋肉の動きを改めて確認できました!肩甲骨の下制でなぜ小胸筋?と、思っていたのですが、「烏口突起を下げる」というメモ書き!!スッキリしました^ ^
    勉強になる記事、また、楽しみにしてます☆

    1. Nozomi Kiyoshima より:

      コメントありがとうございます!しかも私のメモまで気づいていただいて(感涙)。
      筋肉の勉強のお役に立てて幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です