その場しのぎでもいいじゃない。首が回らないときには腕から手のひらに圧を入れよ

こんにちは、整体師のきよさんです。前回、前々回と、YouTube寝落ち生活を続けていたきよさんに起きた身体の変化について紹介してきましたが、今回でそれも最後となります。変な姿勢で眠りにつくということをし続けたきよさん、案の定ですが首肩もガッチガチになってしまいました。
今回の内容についではですね、過去にも何回か漫画を描いてますが、何度だって描きます!本当におすすめのセルフ整体なのです。

その場しのぎでもいいじゃない。首が回らないときには腕から手のひらに圧を入れよ

腕ほぐし01
腕ほぐし02
腕ほぐし03
腕ほぐし04
腕ほぐし05
腕ほぐし06
腕ほぐし07

力こぶの中には愛と凝りが詰まっている

きよさんが整体を学び始めたとき、何が一番驚いたって、力こぶと言われている上腕二頭筋が凝りの塊だということです。上腕二頭筋のイメージって「力持ち」とか「強い」とか「正義の味方」だと思うのですが(あくまできよさん個人の感想)、それと同じくらい凝りも詰まっているのです。
というのも、我々ヒトは道具を扱いますので、その時点でどうしても常に腕が体幹より前に出てしまっています(肩関節屈曲)。このとき意識はしていなくても上腕二頭筋は縮まっており、その状態で固くなってしまいます。それと同時に背中側の筋肉は伸ばされた状態で固くなり、そこから首の筋肉も引っ張られ……と、連鎖して首肩の凝り張りになっているわけです。
ですから、何度も言いますが、首肩が痛いからと言ってそこをほぐすのではなく、周りから攻めることが大切。でないとすぐに痛みが再発するどころか、揉み返しとかになってしまいます。

以前書いた漫画のリンクを貼っておきます。ちょうど去年行った実験の漫画でしたね。

もし余裕があるなら、このストレッチをお勧めします

そして、もし余裕のある方はこの二つのストレッチをお勧めします。
きよさんの経験上、今回漫画にした腕ほぐしは本当に即効性があるけれど、効果がなくなるのも割と早いのです。ですから寝る前とかお時間が取れるのなら、この二つのストレッチを是非やってください。
きよさんの経験上、ストレッチは即効性はありませんが、じっくりと気長に取り組めば必ず効果が表れます!

上腕二頭筋ストレッチ
大円筋広背筋ストレッチ

前腕屈筋群ストレッチ



ということで、3回に分けてお送りしたYouTube協奏曲はいったんこれで終了です。皆さんもYouTubeを見るときは気を付けてくださいね。






※※※※※※※※ 
うつを経験した整体師がこころと身体からアプローチ!
女性の体の不調を改善するお手伝いをします。
湘南藤沢のゆるっと整体院
整体院ねこのて
https://nekonoteseitai.com
MAIL:nknt-op@nekonoteseitai.com 
※※※※※※※

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です